会場ごとのルールは初期段階で確認しておこう

ウェディング会社やホテルによってはその挙式会場でできないこと(NG項目)がたくさんあるということがよくあります。ブライダルフェアや会場見学などの初期段階で必ずチェックしておきましょう。結婚式の計画が具体的に進むんでいくとイメージがどんどん膨らんでいき、同時にこだわりや理想が次第に高まっていきますよね。少し個性的な演出や細かな段取りをしたくなったり、持込みをして費用を削減したいなど、やりたいことがどんどん増えていきますので、最初からNG項目を把握しておくのがおすすめですよ。

お花など会場の費用は変動する場合もある

結婚式で用意する装花のプラン詳細は意外と盲点となりやすいため注意しましょう。後々予算に大きく響くことがありますし、大きな会場の場合は金額もそれだけ大きくなりがちですよ。会場の印象を大きく変えてしまう装花は、ウェディング会社やホテルによって価格に大きく差がありますよね。例えば、インターネット上などで紹介されている見積もりのプランよりも豪華にしたいという状況もありえます。一般向けの紹介を鵜呑みにせず、それより少し多めに費用がかかるつもりでいるとよいでしょう。

当日が雨だったときにどうなるかも確認しよう

もし結婚式の当日に雨が降ってしまったときにどのような対応になるかは、必ず事前に知っておく必要がありますよ。最近流行りのガーデンウェディングなど、屋外でイベントをするならば特にですよね。例えば、当日雨天となった場合は予定となっていた屋外での演出等が全てキャンセルされるということもあるのです。そのときの費用は残念ながら差し引かれないという決まりになっているという可能性もありますのでしっかりとした確認が必要ですよ。

福岡の結婚式場は空港から近いので数多くのゲストに喜ばれています。親族で会食もできるので人気があります。